某クレカの審査を待っています。

先日、高松に遊びに行きました。
半年振りなので朝から家族共々テンション高いです。
目的は綾歌町のイオンと高松市内を行くことでした。
数年前に姉からの勧めで行ったことがあるお店でしたからそれ以来、何度も遊びに行ってます。
徳島の方もイオンがやってきたらいいのにって毎回思うのですが、あの末広のジャスコの跡地イオンだとも聞きますが、どうなのでしょうね?
工事もしてます?なんだかしていなような雰囲気ですけど、出来る予定ならもっとおおきなイオンにして欲しいですよね。
市内にはおおきなスーパーはないようなものなので、住んでるものからしてみれば行くところが限られてくるんですよ。
それに先日、友人の勧めで某クレカの審査に申し込みしました。
申し込みは街頭でイベントしていたので、成り行きですね。
友人曰くそのカードは持ってるらしくいろいろなお店と提携してるので使い道が多くて便利なカードらしいです。
おまけにショッピング枠が付いてるので助かるのだとか、キャンシング枠は必要ないので除外したみたいです。
審査が通ったのかどうかの結果はまだですが、まだ間もないので気長に待ってる状態なんですよ。

使い過ぎたクレジットカードの支払も定期預金があれば安心!

クレジットカードを使いすぎると支払日にどうしようか悩むことになります。
臨時の買い物で止むなく支出したものであれば、当座の資金調達ということでキャッシングをすることで解決する事も可能でしょう。
もちろん、利息が高いので早めの返済は必須です。
しかし、そのようにして外部から資金調達するのではなく、万が一に備えてボーナス等が出た時に定期預金を作っておくことで、いざという時に力強い味方になります。
両者はミスマッチのようなイメージがありますが、実は関連があります。

定期預金を作っておくと、当座貸越という事で、預金を担保にその残高の何割かをお金を銀行が貸してくれるのです。
つまり、決済日にお金が足りなくなっても即日借り入れのキャッシング等で高い金利を支払うことなく、資金調達することが可能なのです。
もちろん利率もキャッシングをする際の利率に比べれば十分に低く、もともとの預金利息に多少上乗せした程度の金利です。

ですからお金の余裕があるボーナスの時に余裕資金を定期預金としておくことが、ある意味お守りになります。
もちろん、借りれるからと言ってすぐに当座貸越の状態にしてしまっては意味がありません。
緊急時のための余裕枠として残しておくことが大切です。

もつ鍋 お取り寄せの味は人気がかなり高くなっている

おいしい料理を味わえるお店はたくさんあります。

中には有名なお店もあり、テレビで紹介されているお店もありますね。

テレビで紹介されると、お店の存在が多くの人たちの記憶に残りますので

今まで以上にたくさんの人たちに利用されることでしょう。

また、芸能人が訪れたお店として紹介されると、「行ってみよう」という気持ちに

なりますよね。

実はもつ鍋を味わうことが出来るお店にも芸能人が訪れて、その味を

絶賛しているのだそうです。

このことからお店の存在が有名になっているんですよ。

国産の肉を使用し、だしや野菜にこだわりを持っているもつ鍋になります。

店内は落ち着いた雰囲気になっていますので、リラックスしておいしいもつ鍋を

味わうことができると思うのです。

このもつ鍋はもつ鍋 お取り寄せもできるんですよ。

遠方で味わいたくてもなかなかお店に行けないという人に人気となっています。

注文が殺到するほどのものになっているんですよ。

お店で味わうもつ鍋の味が家庭でも味わうことが出来るようになっているんです。

1度食べるとその味は必ず記憶に残るのではないでしょうか。

おいしいもつ鍋は多くの人たちに知られているんですよ。

おまとめローンは多重債務者の救世主

キャシングやカードローンを利用した経験がある方も多いと思いますが、キャッシングなどお金を借りると金利をプラスして返済しなければならないので、少額の借入ならすぐに返済できますが複数の金融会社から借入をしてしまったり、限度額ギリギリまでお金を借りてしまうと返済も長期間になり、生活を圧迫する場合もあります。

金利の高い複数の借入がある場合には おまとめローン と呼ばれている金利の低いローンに1つにまとめることによって毎月の返済額が下がり、返済日もまとまるので返済が楽になります。

おまとめローンは多重債務者の救世主的な存在なのですが、債務整理のように借金がなくなるわけではないので、自分の借金の場合にはおまとめローンの方がいのか、債務整理がいいのかよく考えてから申し込むといいでしょう。

 

おまとめローンを利用する場合には金利が低いローンを借りないと意味がないので、金利の比較をしっかりとした方がいいでしょう。

一般的に銀行のおまとめローンの方が金利が低く、消費者金融の方が金利は高くなっていますが、審査は銀行の方が厳しく消費者金融の方が柔軟に対応してくれます。